ニードル脱毛とは?サロンスタッフだけが知っているメリット・デメリット

ひとくちに脱毛といっても、本記事で紹介するニードル脱毛をはじめ、E-LIGHTやSSP、FHRなどさまざまな脱毛方法があるのをご存知ですか?

脱毛方法によって効果や痛みの強さなど、それぞれの方法に違いがあるのです。

脱毛方式  効果の即効性  痛み  施術間隔
ニードル  ★★★★★  非常に痛い  特に縛りはなし
B.S.S ★★☆☆☆   ほぼ無し 2~3カ月に1回
E-light ★★★★☆  やや痛い  特に縛りはなし

SSP

★★★☆☆ 

 

ほぼ無し

2~3カ月に1回

最短2週間に1回

医療脱毛  ★★★★☆  痛い  2~3カ月に1回
FHR  ★★☆☆☆  ほとんど無し 1カ月に1回

 

ニードル脱毛の特徴は、脱毛サロンでよく行われている光脱毛などの方法と比べて

  • 完全に毛が生えて来なくなる
  • どんな肌質・肌色でもOK
  • 毛周期に関係なく施術できる
  • うぶ毛・白髪も一回で効果を実感できる

とメリットが盛りだくさんです。

このページでは、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)から「唯一の永久脱毛」と認められているニードル脱毛の仕組みをはじめ、痛み、効果が出るまでの回数や取り扱いサロンまで紹介します。

 

 

ニードル脱毛とは

疑問がある女性

 

ニードル脱毛とは、名前の通り特殊な電気針を使用する脱毛法です。ニードル脱毛は他の脱毛法とは根本的に異なっています。電気針を毛穴1つ1つに挿入し、電気や高周波を流して、毛根と毛を生み出す細胞である毛乳頭を破壊していていく脱毛法です。

施術間隔は毛周期に関係がないため、間隔をあける必要がなく、通いたい時に通っても大丈夫です。毛を1本ずつ処理していくので、全身脱毛をするには、かなりの回数来店が必要となります。1回の施術時間はおよそ30分から120分(部位や毛量によって異なる)。完全に全身を永久脱毛したい、という強い気持ちがあり、強い痛みに耐えられる方におすすめです。

 

ニードル脱毛器の仕組み

指示棒を持つ女性

 

ニードル脱毛の脱毛器の仕組みについて簡単に解説します。

ニードル脱毛で使用する針は、電気や高周波を流す特殊な針で、縫い針みたいに先端は尖っていません。先は丸くなっているため、毛穴に差し込む時はそんなに痛くありません。電気針を毛穴1つ1つに挿入し、電流や高周波を流すことで、毛根にダメージを与え、毛を作る毛乳頭の細胞を破壊します。

つまり、ニードル脱毛をすると、永久に毛が生えてこない、といわれるのは、毛を作る細胞自体を破壊し、毛穴からの発毛を完全に止めることができるからです。

 

ニードル脱毛と光脱毛の違い

比較する女性

 

ニードル脱毛と光脱毛は根本的に原理が異なります。

ニードル脱毛は、アメリカで約150年前に誕生した脱毛法で、レーザー脱毛が登場するまでは主流だったようです。ニードル脱毛と、エステサロンでよく行われている光脱毛とのメリット・デメリットを紹介します。

 

種類 メリット デメリット

ニードル脱毛

  • 永久脱毛できる
  • うぶ毛、白髪もOK 
  • 非常に痛い
  • 毛量によっては時間とお金がかかる

フラッシュ脱毛(光脱毛)

  • 美肌効果が期待できる
  • ニードルと比較して、痛みが少ない
  • ゴムで弾かれたような痛みがある
  • 永久脱毛ではない

 

フラッシュ脱毛(光脱毛)は、脱毛器の光をムダ毛のメラニン色素(黒色)に反応させて、毛根を焼き切る脱毛法です。

何度も照射することで、そのうちに毛が生えて来なくなります。1回の照射でツルツルにはならない、と言われています。

ニードル脱毛は、毛根そのものを特殊な電気針で破壊する脱毛法です。

毛穴1つ1つに電気針を挿入し、電気や高周波を流します。ホクロやあざ、タトゥーにある毛でも脱毛でき、1回で効果を実感できます。

施術者が1本1本、目で確認しながら施術を行うため、光脱毛やレーザー脱毛のように1度にたくさんの毛を処理できません。

1分で処理できる本数は8~10本程度といわれています。目がショボショボになるくらい、細かな作業のため、技術者の視力の良さやテクニックで差が生じることもあります。

 

ニードル脱毛の種類と方法

脱毛の施術中

 

ニードル脱毛は以下の4種類があります。

  • 電気分解法
  • フラッシュ法
  • ブレンド法
  • 絶縁針脱毛

 

電気分解法

一番歴史のある方法で、毛穴に挿入した電気針に直流の弱電流を流すことで、皮膚内の組織液を電気分解させ、毛根と毛乳頭にダメージを与えます。

 

フラッシュ法

フラッシュ法は直流の電流ではなく、高周波の電流を流し、組織にあるタンパク質を凝固させます。

固めることで、発毛組織が破壊され、脱毛できる仕組みです。

 

ブレンド法

フラッシュ法を中心に、取りきれなかった毛根を電気分解法によって補っていく方法です。ニードル脱毛の施術を行っている脱毛サロンでは、「フラッシュ法」または「ブレンド法」を取り入れています。

 

絶縁針脱毛

1983年に開発された絶縁針脱毛は、医療ニードル脱毛とも呼ばれ、医師または看護師しか施術をすることができません。医療クリニックでの脱毛のため、麻酔を使用します。かなり強い痛みに我慢できない方は、麻酔を使った絶縁針脱毛がおすすめです。レーザー脱毛で不可能だった白髪の脱毛できるほか、副次的な効果として、ワキの臭いや汗を減少させることが期待できます。

 

効果がでるまでに必要な脱毛の回数

脱毛の効果を確認する女性

 

毛周期を気にすることなく、好きな頻度で脱毛サロンに通えるのがニードル脱毛のメリットです。しかも1回の施術で、ツルツルを実感できますが、ニードル脱毛は1本1本抜いていくため、施術に時間がかかります。

施術を受ける脱毛サロンや医療クリニックによっても異なりますが、1分で処理できる本数は8~10 本といわれています。1回の施術で約400本の毛を抜くとすると、1回の所要時間は50分程度。女性のワキの毛は、片方に1,800本ぐらいあるため、片方のワキだけで5日かかる計算になります。

全身をニードル脱毛で行うとなると、数十回通う必要がありそうです。そこで、おすすめなのが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の仕上げとして、ニードル脱毛を利用する方法です。抜け切れなかった部分だけ、ニードル脱毛を行うことで、効果が実感できそうです。

また、あざやホクロの上の毛など、どうしてもニードル脱毛でしか脱毛できない部分はニードル脱毛を行うという方法も考えられます。

 

 ニードル脱毛のデメリット

頭を抱える女性

 

ニードル脱毛のデメリットは以下の通りです。

  • 施術にかなり強い痛みがある
  • 時間がかかる
  • 費用が高額
  • 肌に炎症が起こるリスクがある

 

 施術にかなり強い痛みがある

毛穴に電気針を刺しての施術のため、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは比較できないほどの、強い痛みがあります。毛穴に針を刺すときの痛みもあるのですが、電流や高周波を流す瞬間に、かなりの痛みが全身を走ります。あまりの痛さに耐えられずに、脱毛を途中で断念する方も少なくないようです。

強い痛みがニードル脱毛の最大の弱点です。「痛いのは嫌」という方は、医療クリニックで行える麻酔を使った「絶縁針脱毛」やレーザー脱毛などがおすすめです。

 

時間がかかる

全身をニードル脱毛で行うとすると、かなりの時間がかかってしまいます。脱毛サロンや医療クリニックによっても異なりますが、1回の施術時間は30~120分ぐらいです。狭い範囲を完全にツルツルにできますが、全身をツルツルには1回でできません。

眉毛、肛門周り、乳輪、眉毛など部分的に行うのであれば、時間はそれほどかかりません。ニードル脱毛は、特に気になる部分を永久脱毛したい方におすすめです。

 

費用が高額

ニードル脱毛は、他の脱毛方法と比べて費用が高額です。多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、毛の本数や時間単位で料金を設定しているのが一般的です。「ワキ〇〇円」と設定しているクリニックはありますが、「全身でいくら」との料金設定はしていないのが一般的です。

脱毛サロンでは10分間で2,000円~4,000円程度、医療クリニックでは10分間で4,000円~6,000円程度で、1本あたり130円~150円が相場です。医療クリニックだと、これ以外に麻酔代、血液検査料、患者だけが使用できるマイ絶縁針費などがかかります。脱毛サロンで行うニードル脱毛で使用する針は使い捨てのため、余分な費用はかかりません。

 

肌に炎症が起こるリスクがある

ニードル脱毛は、電流や高周波を流して行う脱毛法で、万が一電流が皮膚に触れると、ヤケドやはれなどの炎症を生じるリスクが生じます。 また金属アレルギーを考慮して、電気針はチタンやゴールドで加工されていますが、金属アレルギーの方は念のため注意が必要です。

ニードル脱毛の施術後に、少しでも痛みやかゆみを感じたら、皮膚科のクリニックを受診しましょう。ニードル脱毛を行ったことで、副作用が生じたり、深刻な後遺症に悩まされることはないため、安心してください。

 

ニードル脱毛のメリット

OKマークを出す女性

 

ニードル脱毛のメリットは以下の通りです。

  • 永久脱毛できる
  • 肌質・肌色を問わない
  • うぶ毛や白髪、金髪も脱毛できる
  • フェイスゾーンの脱毛にぴったり
  • 事前の自己処理がいらない
  • 脱毛の調整がしやすい

 

 永久脱毛できる

ニードル脱毛はアメリカのFDAが認めた「唯一の永久脱毛」です。アメリカ電気脱毛協会による永久脱毛の定義は、最終施術後から生えてくる毛が20%未満となっています。医療レーザー脱毛も永久脱毛のようにみえるのですが、この定義に当てはめると完璧とは言い切れないようです。

他の脱毛法では、数年後には毛が生えてくることを肝に銘じてください。ニードル脱毛は、ワキ、鼻の下、Vラインなど、二度と生えてきて欲しくない部分の毛を処理するのに、ふさわしいと言えるでしょう。

 

肌質・肌色を問わない

ニードル脱毛は、毛穴に直接電気針を刺して行う方法なので、肌質や肌色は関係ありません。日焼け肌、ホクロ、あざ、乳輪、タトゥ―、肛門周囲など、どんな部分でも脱毛できるのが特徴です。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応する仕組みを用いており、肌質・肌色には限界があります。

 

うぶ毛や白髪、金髪も脱毛できる

ニードル脱毛は、毛の太さや細さに関係なく脱毛できます。うぶ毛、細い毛、白髪、金髪でも大丈夫です。

光脱毛やレーザー脱毛は、黒く太い毛であればあるほど脱毛しやすいと言われており、細い毛やうぶ毛、白髪、金髪などには反応しにくく、効果に時間がかかります。

 

フェイスゾーンの脱毛にぴったり

ニードル脱毛は、フェイスゾーンの脱毛に最適です。顔には、意外にも毛が密集している場所があります。ニードル脱毛は、目の周り、眉毛の上下、鼻の下などでも対応できるのが嬉しいです。鼻毛の脱毛をしてくれるサロンもあるようです。

 

事前の自己処理がいらない

ニードル脱毛は自己処理の必要がありません。逆に、毛が生えていないと施術することができません。というのは、生えている毛をターゲットとして、電気針を挿入していくからです。処理に適した毛の長さは2~3㎜ほど。皮膚表面に毛が出ている状態にしておいてくれると、スタッフとしては施術しやすいです。

 

脱毛の調整がしやすい

VIOや男性のヒゲなど完全に毛をなくすわけではないものの、毛量を調整したいという部分にはニードル脱毛が最適です。1本1本施術を行うため、バランスを見ながら全体の毛量を調整します。

レーザー脱毛や光脱毛ですと、照射した部位の毛はすべてなくなってしまうため、調整が困難です。

 

ニードル脱毛ができるおすすめ脱毛サロン

笑顔の女性

 

ニードル脱毛は、アメリカのFDAが認めた「唯一、永久脱毛できる」脱毛法。ニードル脱毛を試してみたい!気になる!という方は、老舗のエステティックTBCの「スーパー脱毛」がおすすめです。

TBCのスーパー脱毛はフラッシュ法をベースとしたニードル脱毛を行っています。初回限定キャンペーンでは、なんと1,000円で40本のお試しができます。通常価格も1本132円とリーズナブルな料金で、気軽にニードル脱毛が体験できるのも嬉しいです。ライト脱毛と組み合わせたコースもあります。

 

脱毛法  スーパー脱毛
脱毛料金 

プレーンゾーン(両ワキや両ヒジ下、両ヒザ下)

1本当たりメンバー110円、ビジター132円。

デリケートゾーン(顔やえりあし、首、両手足の甲・指)

1本メンバー121円、ビジター145円

1回の施術時間  30~120分(個人差あり)
通うペース  特に縛りなし
施術前のケア  オリジナル冷却ジェル
アフターケア   トリプル(コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸)美肌ジェル
施術室  個室あり
パウダールーム   完備
割引キャンペーン

終わりのある脱毛体験コース

TBCスーパー脱毛40本+ライト脱毛 (Lパーツ:1ヶ所 or Sパーツ:2ヶ所)+無料カウンセリング

※TBC初めての方限定。お1人様いずれか1ヶ所1回限りの特別価格

予約の取りやすさ  カウンセリング当日に施術可能
店舗  全国に約120店舗 店舗間の移動可能
支払い  現金、クレジット、Jデビット、銀聯カード、TBCリボクレジット払い
キャンセル料

当日キャンセルはいかなる理由でも1000円

前日までのキャンセル料なし

*価格はすべて税抜表示

 

まとめ

ニードル脱毛は、歴史のある脱毛法で、アメリカFDAが認めた「唯一、永久脱毛できる」方法です。毛穴に電気針を刺して、1本1本毛根を破壊するため、完全にツルツルにすることが可能です。

改めて、ニードル脱毛のメリット・デメリットを紹介します。

ニードル脱毛のメリット

  • 永久脱毛できる
  • 肌質・肌色を問わない
  • うぶ毛や白髪、金髪も脱毛できる
  • フェイスゾーンの脱毛にぴったり
  • 事前の自己処理がいらない
  • 毛量の調整がしやすい

 

ニードル脱毛のデメリット

  • 施術にかなり強い痛みがある
  • 時間がかかる
  • 費用が高額
  • 肌に炎症が起こるリスクがある

エステティックTBCは公式サイトで24時間いつでも予約可能です。初回限定キャンペーンを上手に使って、完璧なツルスベ肌を目指しましょう。

監修者

美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰
永松 麻美
永松麻美さん

自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。
「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるためコラム執筆、セミナー講師など美容家として活動中。
著書『人生がときめく シワとりパーフェクトブック』発売中。

エステサロン&スクールSUHADA:https://suhada-salon.com

 

おすすめ記事を見る

関連する記事を見る

セルフvsサロン脱毛のメリット・デメリット比較!親友におすすめしたい脱毛法No.1とは
セルフvsサロン脱毛のメリット・デメリット比較!親友におすすめしたい脱毛法No.1とは

脱毛レポ編集部は、2021年2月1日~3日、脱毛をしたことがある10~50代女性300名を対象に「脱毛方法のメリット・デメリット」についてアンケート調査を実施しました。 複数の脱毛を経験している女性は多く、生の意見を聞くことができましたのでご覧ください。 セルフ脱毛のメリットとデメリット   セルフ脱毛のメリット 安い・コスパがいい(37.0%) 自分の好きなときに脱毛で...

<<コロナ禍における脱毛調査>>3人に2人が脱毛頻度は落ち、5人に1人がセルフ脱毛にシフト
<<コロナ禍における脱毛調査>>3人に2人が脱毛頻度は落ち、5人に1人がセルフ脱毛にシフト

脱毛レポ編集部は、脱毛をしたことがある10~50代女性300名を対象に2021年2月1日~3日、「コロナ禍の脱毛」についてアンケート調査を実施しました。 新型コロナウィルス感染症は、女性たちの脱毛に影響を与えているのでしょうか。緊急事態宣言が発令されているなか、女性たちの本音を聞きました。 コロナ禍になって3人中2人は脱毛頻度が落ちている 新型コロナウィルス感染症の流行が目立ちはじめる2020年...

旅行持ち物はリストを作ろう!カップルの旅行の準備4選
旅行持ち物はリストを作ろう!カップルの旅行の準備4選

カップルで旅行!決まったときからワクワク感でいっぱいですよね。 だいたいの行き先を決めるところから旅行は始まっており、日程や泊まるホテルを決めたり、持ち物の準備をしたり…結構準備が大変です。 「カップルの旅行=楽しい」というのが本来の姿ですが、実は旅行の準備中や旅行中にケンカになるカップルもいます。 今回は、カップルの旅行で忘れてはいけないことを4つ紹介しているので、ぜひ参考にしてく...

友達みたいなカップルが長続きする理由8選!恋愛要素を消さないことが大切
友達みたいなカップルが長続きする理由8選!恋愛要素を消さないことが大切

長続きするカップルの特徴として知られるのが、友達みたいなカップルです。 友達みたいなカップルは、あらゆる話ができ、一緒にいて居心地が良く、同性の親友に近いような感覚で付き合えるとか。 友達のようなカップルは、友達から恋愛に発展したパターンが多く、これまで過去の恋愛相談をしていた相手という場合もあります。 恋人の過去も知っているという隠し事のないカップルなので、一緒にいて楽です。 友達みたいなカップ...

友達カップルのプレゼント8選!気になるNGプレゼントはコレ
友達カップルのプレゼント8選!気になるNGプレゼントはコレ

仲良しの友達カップル、もうすぐ彼らの記念日が来ます。 最近は、仲良しのカップルの記念日にプレゼントをするという人が増えているのだとか。 何かお祝いをしたいとは思っているけれど、何をプレゼントしたらいいのか分からない…という人のために、カップル向きのプレゼントについて8つ紹介します。 さらに、カップルのプレゼントにこれは送ってはいけないというNGプレゼントも気になりますよね。こちらも併...

人気記事

脱毛レポで注目の記事

Facebook

人気記事

脱毛レポで注目の記事
全身脱毛 > お役立ちコラムの記事一覧 > ニードル脱毛とは?サロンスタッフだけが知っているメリット・デメリット
ページTOPへ